ブログ

きものの丸洗いをしましょう

こんにちは そろそろ単衣の時期も近づいてきました 気温は寒いけれども末ごろには追い付いてくるはず

 

着付け教室に通われている中級・上級生の中には塵除けコートを着ようかな という声も上がってきております  おしゃれは先取りです 

 

でも、今日お昼を買いに行くときも雨と風とこの気温なので、皆コートを着ていました  洋装はきものよりも薄いし枚数も少ないのでそうなるとは思いますが、寒いものは寒い  塵除けコートは今週末くらいからでしょうか 5月中なら濃い色のもの や 目のつまったものがおすすめです

 

こんな気温だと昼食を買いに外出がしんどくなります  ペコペコというほど減ってもいないし(朝食は食べません)、特別食べたいものがあるわけでもない  そこでふと考える 365日×年齢 実家を離れて20年以上 そのうち、自分で昼ご飯を考えなくてはいけない日数は最低でも6000回を超える

 

毎日同じものは食べたくない派なのですが、今まで食してきた昼ご飯の中で何パターンがあったのだとう ふと「いつまでごはん食べてるんだろう」と思ってしまう

 

もし、「食べる」ことに使う時間を同じ楽しさで埋められたらぼくはこの半分くらいの食事でいいような気がします  そう思いながらも今日もパンを食べました  パンってどうしてこんなにおいしいのだろう  ごちそうさまでした

 

さて、衣替えの季節がきているので来週からお手入れキャンペーンを行います

 

丸洗い           通常 4320円 → 2700円

汗抜き           通常 4860円 → 3240円

衿のファンデーション落とし 通常 3240円 →  540円

 

通常価格自体が他店よりも安めではありますが、今回はさらにお安いです  当店はお手入れ専門店ではなく、呉服小売店なのでそこで利益をとるというよりも着る機会を増やしていただきたい という意味からもともと低価格にしております

 

特にお安いこの期間は、たくさんの枚数をお願いするから安くしてほしい と悉皆業者にお願いしているからです 普段はできませんので何枚でもお持ちください

 

期間は5/23(火)~6/11(日) です  (定休日の金曜日は除きます)

 

きもの・コート・羽織・長襦袢・帯 など何でもお持ちください  もちろん留袖・振袖・訪問着も同じ料金です

 

よくお客様から、「どのタイミングでしたらよいかわからない」と聞かれます  それは、どこがどれくらい汚れたかによります

 

丸洗い – 3~4回着たあと シーズン終わり  袖口が黒ずんでいるかどうかが確認の基準です  完全に汚れている(黒ずんでいる)ものなら丸洗いに染み抜きも必要だと思ってください そこまででもなければ丸洗いでOKです

 

汗抜き–   汗をかいたな と実感があったあと  3・4回着たシーズン終わりがおすすめです

 

衿の染み抜き –  衿に黒い筋のように残った場合は汗とファンデーション また濃いベージュになっていたらしたほうがいいです  薄っすらなら丸洗いでも落ちるかと

 

お手入れの料金が高くついてしまう例

・汗をかいたのに、表面上見えないからそのままにしておいた → 汗染みで大きく黄色い染みになってしまった

 

・染みを気づかずに放置 → 茶色く変色してしまい、染みが落ちにくくなった カビになってしまった

 

・きものをもらったがタンスから出さずにずっとそのまま保管していた → 風にさらさないとカビになることがあります 

 

カビとりや寸法直し、染み抜きなども行っておりますので、気になるきものをお持ちの方はこのタイミングでお持ちください  

 染み抜き