ブログ

兄弟でいいでしょうか

雪は一度積もったけれども夜には融けている  毎日暖かい  暖冬まっしぐら 今シーズンは時雨防寒草履がまだまだ活躍しそうです  

 

彩蔵で迎える5度目の冬  今年も雪かきダイエットはできるのか  ツルハシが楽しみです  男らしさの象徴のようなところが好きです  あれを持つだけで「俺って男らしいでしょ」と暗にアピールできるようで  皮の手袋をつけると強くなったようで(中学2年生のとき誕生日に母親にねだったんです)

 

1年目のときはしょっちゅう雪かきと氷割をしていました  時間を持て余していたので

 

お店はどこも開店のとき最初だけ人が賑わいます  でもそこからは停滞  減少 とある程度時間が経過するまでは厳しい期間に入ります    ですから1年目に来てくれたお客様はよく覚えています

 

その頃からしばらく来店されていなかったお客様が先日立ち寄ってくださいました  ずぅ~っとお会いしていなかったので、もうきものから離れてしまったのかな と思っていた方でした

 

お顔を見れただけでも嬉しいのに

IMG_9444

お土産までいただいてしまいました  もりもとから出ているチョコクッキー  これ予想を上回るおいしさでした   もりもとさんに感謝   くださったEさまに感謝  今度はきものパーティーでお待ちしております

 

彩蔵にはお客様だけでなく営業の方も多くいらっしゃいます  立地が良いためでしょうか  証券会社  金の売買  健康食品  美容具  マットや清掃具のレンタル屋さんなど

 

どちらかというと単価の高いものが多い  先日も一人の淑女が来店  豪華ないでたちと髪型

 

「ここはきもの屋さんですか?」 「販売をしているところですか?」 と質問されたぼくは 返事だけで終わってしまう  なぜならその質問で何を知ろうとしているのかわからず  そこから話を膨らませられたらいいのですがぼくはまだ会話力が低いためか

 

薄々営業かな? と察知  ここの前を何度か通られたときに知ったそうです   「代表の方にお話しがあって・・」と  「どのようなお話しでしょうか」と答えましたら  「健康に関する営業で・・  女性がやっていそうなお店だなと思って入店したとのこと」

 

女性がやっていそうな  というのはあながち嘘でもない  お店のことはMちゃんと相談して決めているし半分はあってる  

 

「代表はいらっしゃいますか?」 と再度聞かれたので 自分であることを告げると

 

ちょっと驚かれ 店の雰囲気からてっきり女性が代表かと  と 社長さんも女性らしい ですよね  お肌もきれいで・・・ と

 

女性らしい と言われました どう解釈してよいかわからないけども  褒め言葉  きっとね  お肌もきれい  これも褒め言葉 きっとね

 

営業の方とお話しをしていると  きもの着るんですか? と聞かれます   ぼくが着るのはパーティーのとき  回数は少ないのですが、やっぱりお客様からも見られるので少し変わったものを着るようにしています

 

きものは女性ものがほとんど    で問題は帯   角帯でおしゃれなものを作っているメーカーが少ない   紺や茶の無地やストライプでは物足りないのです

 

そんな帯と出会うとついつい手を出してしまうのです   前にも半分特注で作ってもらい、色違いで2本送ってもらったところ  たまたまお客様が来店    お父様も着られる  いやそんなレベルではありません  もうきもののプロのような方でして、お店やっているのかな? というくらいの

 

もう僕なんか比ではないくらい着ているし、きっと知識も相当深いだろうというお父様  そのお父様にぼくと色違いをプレゼントされたのが、Kさま  気になっておりましたがその結ばれた様子を見ることができました

 

実はそのお父様はご自身でHPをもっており、自分で世界を旅する様子をそこにアップしているのです  しかもきものの旅・・・  今回は新しく更新された旅の様子でその帯を結んでくださいました

 

そしてすごいのが、現地のひとと仲良く踊っていたり、食事をしたり  日本人離れした社交性(これはぼくの憧れです  ぼくは本当にシャイです)  しかもきもの姿・・・

 

そこにぼくと色違いの帯を結ばれておりました  ぼくの兄弟が世界を旅して、現地のひとたちと交流を重ねている  こんな嬉しさは特別  

そのお父さまといつかお会いできることを楽しみにしています  そのときは、そのきものいいねぇ~ と言ってもらえるコレクションを作っていこう  

 

きものの着姿は表面積からいうと きもの 帯 がメインになりますが、ちらりと見える長襦袢も凝りたいもの  というわけで来週の土日には長襦袢メーカーで有名な「あさみ」さんをお招きします  男性ものもおしゃれなものが多く 僕も作りました

 

長襦袢展をするところは少ない  しかも今回はメーカーの方をお迎えします  長襦袢についてメーカーからお話しを聞くことはほぼありません  そしてこちらは裏地のメーカーでもあります  表と裏の相性  良いものの見極め  なども講義していただきます

 

これを説明できるメーカーは少ないんです  これは良い機会です  ご案内の届いた方はご予約を!  

 

 ご案内なくても参加できます  19(土) 14:00~  ・  16:00~  20(日)11:00~  ・  14:00~  のどれかを選んでご連絡ください

 

お問合せ お申し込みは

Tel 011-614-0222  メール info@maruyama-sakura.com