ブログ

品質の良い長襦袢 浅見

今朝 久しぶりに体重計にのりました

 

最近のいいかげんな食生活から長いこと遠ざかっていた 体重計  いやなものから逃げるという性格上でしょうか  10日間くらい

 

 

すると驚く結果に・・・ 

 

 

体重はあまり変わらず  しかし体脂肪が3パーセントほど下がっていました

 

よしっ

 

やった~ このタニタの体重計を買って一番の体脂肪率  かれこれ6年ほど

 

続けていることは

 

・水を2L飲む 今は寒いのでお湯

 

・糖質制限 週に2回くらいは忘れている

 

・筋トレ 大きい筋肉を中心に(胸と足(尻)と背中)

 

これらの相乗効果です   脂肪  対  筋肉  は 5:4ですから同じ体重なので少し締まった体になりました   2Kgほどの脂肪が筋肉になったんです 

 

スポーツマンの友達に「筋肉を増やせば痩せる」 と言われ疑いながらも続けた筋トレ  もう少し頑張ってみます  体脂肪11パーセントとか格好良いな~  長友さんの本も一役買ってます  ありがとうございます Kさま

 

さて、長襦袢の浅見展が終了しました  2日間で来られなかった方のためにこちらでちょっとだけ宣伝します  ぼくも忘れたくないので

 

長襦袢はきものと比べて数は少な目だと思います  お客様と話していての感覚ですが、多い方できものの3分の1  少ない方だと長襦袢は1・2枚で使い回し そしてピンクと白という礼装ものという例も多いです

 

白とピンクの柄のない長襦袢は白のYシャツのようなものです  カジュアルでおしゃれをしたいときには少しかたい印象になるかもしれません

 

長襦袢をもう少し足したい という方には浅見さんがとてもおすすめ

 

それを実感できるこんな体験もさせてもらいました

KIMG0045

 

これは浅見さんの長襦袢の生地 真ん中より左の黒い線はミシンの縫い目です  ふつうは手縫いですが

 

それを両サイドから引っ張って

KIMG0046

ちぎってみました  男性でも相当力をいれないと切れなかったほどの縫い目です

注目してほしいのは、糸はちぎれていても生地には全く何も起きていないところ

 

これが背縫い(背中の真ん中の縫い目)だとします  柔らかいソファ や沈む車の椅子だと力がかかって生地が横に引っ張られます  そうなったときにふつうの長襦袢なら生地がやぶけてしまうことも考えられます  しかも一般的には手縫いなので背縫いがほどけて生地に負担がかからないようにしています  この実験はミシンで行っていますのでさらに強いことが証明  浅見 すごい!

 

そして

KIMG0044

 

IMG_20171211_111701_125

 

IMG_20171211_111701_126

おしゃれ

 

 数をたくさんもたなくてよい という方なら品質のよい浅見の長襦袢がおすすめです♪

 

あと3週間で来年 はやい。。。