ブログ

大切な発表

大失敗をしてしまいました

 

先日、お客様に今月のお知らせをお送りしたのですが、大事なことをお知らせするのをすっかり  すっかりと忘れていたのです  入れ忘れならともなく、入れるべきプリントも作成せず  記憶の中からすっかりと消え去っていたのです

 

ですからここで発表します  お客様全員には届きませんがここで書くしかありません  あとはフェイスブックとHPと・・・

 

今月末の源一坊「竹姫展」 は昨年も好評でした  竹の繊維をきもの生地に織り込むという特殊なもので、その質感は限りなく染め物に近いお召   お召の特性として皺に強いことがありますがそれは同時に張りがあるということにもつながります  それを極力なくしているような風合い  ※お召でも織り方によって張りを抑えたものもあります

 

お召はその張り故に衿が膨らむ 全体が大きく見えてしまう というデメリットもある場合も  そこを解消した竹繊維の入ったお召は着姿がとてもきれいに見えます  立ち上がったとたんにストン と生地が下に落ちるほどで、着慣れていない初心者の方でもステキになります

 

その竹繊維の入ったものでお召ではなく、色無地を今回の最大の特典として皆さまにご提供致します   そもそも竹繊維のきものは源一坊の3代目である現社長 直人さんが開発したものでした

 

社長の代替わりのときに、下火の業界の中で自分の会社ももっと頑張らなくてはいけないと思い悩んでていたときに、竹に出会い  これを生地に織り込んでみよう と  

 

苦心の末に作り出されたこの生地は、着たときにシルエットがきれいに見え、また竹特有の抗菌作用もあり、ほかにない良さをもち、少しずつ認められて、いまや百貨店の外商部に人気の織元となりました

 

直人さんの三代目 継承記念と 竹の繊維を北海道でもっと知ってもらうため、「源一坊 色無地」を製品化してくれました  12月末に生地見本ができたばかりでしたのでまさに出来上がったばかり  着姿がきれいに見える竹繊維の入った生地をぜひお試しいただきたいです  

 

しかもその色無地を今回限り  9万円にて ※おひとり1点限りとさせていただきます  通常の3分の1ほどの価格です

 

色無地はお召や江戸小紋と同じようにもっとも着る頻度の高いきものです  紋をつけたら附下や訪問着  紋を入れなければ帯や小物によってカジュアルにも略礼装にも着ていけます

 

・紋をつけて仕立て か 紋なしに礼装袋帯のとき

「 訪問着 ・ 附下」   親戚 ・ 友人 ・ 知人の結婚式  ホテルでのディナー お子様の入学式 卒業式 など

 

・紋なしにカジュアル袋帯 、 名古屋帯 、 半幅帯

「お召 ・ 小紋」    ランチ ・ お出かけ ・ 観劇 など

 

ほかに八掛によるおしゃれも楽しめます  柄入りの八掛もステキです  きものの色よりも少し薄い同系にするとエレガントに  濃い同系にするとカジュアルによせることができます  実はオリジナルの八掛も作ってくれました  これは見てのお楽しみ

 

以前に作ったものが派手になってしまった  寸法があわない など新たに1枚 作りたい方にはおすすめです  今後この価格でできる機会はありません  仕立てをせずに反物だけもっておいてもよいほどの良品です  ※お仕立て代で採算をとる という企画ではありません

 

札幌では26(土) ・ 27(日) ・ 28(月) の3日間限定です  混雑を避けるためと、色無地は数量限定のため、来店の日時を事前にお知らせいただけると助かります  色無地は数量確保のためにもご予約をよろしくお願いします