ブログ

浅草は江戸っ子の町

東京での初日  夕方までそれぞれにフリータイムを楽しんだあと、きものでごはんを食べに行こう と予定をしていました  東京に知人に聞き美味しく東京らしいお店を予約 

 

「亀清楼」 ここは浅草の名店 神田川と隅田川が出会う柳橋のたもと という、それだけでも唄になりそうなお店  160年の歴史があり、江戸料理でおもてなしをしてくれる  角界とのつながりも深く、横綱審議会の会合にも使われるとか   

 

掘りごたつに座る  ここに親方たちが座ったと思うと感慨深い  「あいつはまだ時期尚早だよ」 「いやいやあの立ち合い、あのふるまいはもう横綱だ」 などと話し合いがなされていたのでしょう  ちなみにぼくは相撲は全くの無知なので想像上の会話です

 

すべてが個室になっており、ひとの気配はなし  閑散 ということではなくそのように作られた セレブな空間だと感じました  6名にしては贅沢な大きめの個室に少々緊張しつつ食事はスタート

 

IMG_0340

IMG_0341

 

実は前半は食べるのに夢中で撮っていません  いつものことですが

IMG_0342

このそばが特に美味しかった  江戸前そばでした  何を江戸とするかはそのひとの自由かと思いますので

IMG_0344

 

このような料亭は1品1品がゆっくり出てきます  「料理はあくまでその場を楽しくしてもらうためのサブ どうぞ皆さまで会話をお楽しみください」 と言われているような そんな上品で目立ちすぎない料理を堪能  

 

そして記念撮影

IMG_0345

ふたつの有名な川を眺めてしまうのは当然  そこにいは屋形船が浮いていました  次はあれで宴会かな なんて思いつつ 

 

3

貴久樹の鈴木さんを囲んで  貴久樹展はもうスタートしており、お疲れの中お付き合いくださいました  本当にありがとうございました

 

浅草を満喫した初日は早めに終了 なにせ2日目は貴久樹展です  あんなことが起きたのです  それは許していただいて・・・