ブログ

着付けへのこだわり 

ここ1・2年思うことですが、お子様の行事を大切にするご家族が増えています

 

赤ちゃんから成人するまでに着物を着る行事は

初着(一つ身)から始まり、七五三(四つ身・三つ身)、小学校の卒業式(袴や着物・羽織)、一三参り(本裁ちのきもの)、成人式・大学の卒業式 と少なくないです

 

一人っ子の家庭が多いせいもあるのでしょうか

 

数年毎の行事なのでその度に家族皆で撮影されることも多いようです   そうなると朝から夕方までと着ている時間が長くなります  本人がまだ小さいときは、なかなかの負担です   慣れていないので、撮影時に着崩れる場合もあり、そればかりか式やお参りのときに崩れてきてしまうことも少なくないそうです  

 

当スタッフも長く着付けをしていてそのような現状をよく目にし、とても残念だと言います 

 

初めて着物に接する子供でも、特に女の子は華やかな着物を見ると目が輝きます  2才・3才の子に着せ付けをしてあげると鏡の前でクルクル回ってとても楽しそうにしているところを何度も見たことがあります

 

だから着付けは得意なところでしてあげてほしいです  美容室で着付けができるところはありますが、あまり需要がない店舗では年に数度しか着付けないといいます  着付けは体型の違いや着物の種類もあって、日ごろから接していないと難しいのです  

 

卒業式や成人式などはどうしても日程が同じなので、着付けの上手なところは早々に埋まってしまいます  七五三も10月・11月の土日に集中するので早めに探されるといいです   とにかく慣れているかどうか 

 

美容室をあたるのもいいですし、近隣の呉服店に確認するのもおすすめです  当店ではヘアセットも一緒にすることができますので、気になる方は  011-614-0222までお問い合わせください  人生の節目に着付けをするという意味で、当スタッフは「思い」を持ってお着付けをしております  

 

さて、秋冬におしゃれなバッグが入りましたのでご紹介します

IMG_6841

 

横長で表地がウールとコットン素材で温かみがあります

 

IMG_6842 

地は牛革を使用しています

 

IMG_6843

 

収納も充実していてサイドポケットには出し入れの多い携帯や交通機関のチケット  真ん中には貴重品が入れられるようにチャックがついています

 

 

IMG_6838

 

こちらは少し大き  上のバッグ同様 ウールコットン地に牛革

 

IMG_6840

 

磁石で真ん中が閉じるようになっていますのでバッグインバッグを入れて使うにもよいかと思います

ガンメタの地が高級感をだしています

 

どちらも和装であれば小紋・紬・お召や附下くらいまで  式典にはカジュアル感が出るのでどちらかというと不向きです

洋服にもおしゃれに持つことができます

 

秋の着付け教室 受講生募集中です 

 

開講の早いところだと 9/25からの函館

9/29からの札幌 円山教室1 がございます

 

詳細は こちら をクリックください