ブログ

着付け教室 上級コースがスタートしました

こんにちは  もう9月も終わり  秋の着付け教室も上級コースがスタートしました

 

上級コースってどのようなことをするんですか? とよく聞かれます

せっかくなので少しだけご紹介します

着る技術をさらに細部まで、そしてコーディネートにも重点を置きつつ、女性としてさらに美しくなるために特別講座も行う というもので毎回趣向を凝らし、主任講師の門馬が受講内容を作っております

 

上級コースが当教室の最高位になります  ですから何度も通われる方も多くいらっしゃいます  本当に細かいところまでになるとそれを1期10回でするのは難しいですし、毎回少しずつ新しい内容を加えさらに勉強となるようにしています

 

通常の着付け教室では、コースが上がると他装(ひとに着せ付ける)や人に教える資格を取得するようになります  当教室ではあくまで自分で着る ということに特化しています  とても奥が深いのです

 

自分で着るにも ただ、身に纏う というところから、しっかりと着つける そしておしゃれに着つける  それと同時に、行く場所、季節、体にあった寸法、どういう立場ということなども考慮したうえでコーディネートを考える というレベルまでくるとなかなか難しいです

 

洋服でも、スーツならどこでもOKです  中をYシャツでなく、Tシャツにすれば遊びにも行けるし、Yシャツも柄ものと白、ネクタイも同様にコーデすることで、ビジネスから結婚式、喪のときも着ることができます  

 

TPO以外にもおしゃれに着るために、ネクタイとベルトは同色にする 袖部分はスーツからYシャツは1センチほど出す 靴はほこりをとって磨く  Yシャツ1枚でいるのは下着姿と同じ  などいろいろな決まりがありますが、毎日着ている洋服でさえ細かく知らないこともあります

 

それを和装で知る これは口づてでなければまだまだわからないことも多いと思います  最近ではネットでも情報はあふれています  ですが、誰が発信しているのか、 多い意見であればよいのか、 という問題もあります  本格的な知識を知りたい方が、噂で聞いたレベルの発信を信じてしまうと失敗することもあるからです  

 

それらを40年以上の経歴で学んだ主任講師の門馬がお伝えするのがこの上級コースです  

 

先日のガイダンスで門馬が言っていたことをちょっとだけ紹介します

 

着ただけではだめ、着こなしたうえでの身のこなし、会話の仕方が大切  そして規律を守る ということ  例えば、時間に余裕を持って行動すること  それによって普段気づけないことに気づき、新たな出会いが生まれることや新たな会話につながることもある

 

自分だけでなく、周りにいる人とのコミュニケーションで得ることは多くありますし、そういう機会も大切にしてほしい ということでした  

 

「時間的な余裕」 それを聞いて、ハッとしました  

 

こちらの連絡ミスで当初の時間よりも早くその行事がスタートすることがありました  もしかしたら門馬にそのことを連絡していないかもしれないと スタートする少し前に電話をしたらやはり伝わっておらず、正しい時間を伝えました

 

すると門馬はきもの姿ですぐに駆けつけてくれました  本当にすぐに

 

当初よりも1時間早くなったというのに、それに対応できる門馬の事前準備にはとても驚きました  10分20分ならまだしも1時間も繰り上げ、当日ぎりぎりになってできるのは普段からそのクセがついている ということです

 

その時間的余裕が日ごろの心のゆとりにつながっているのだと感じました  

 

きものは技術だけでなく、日常の生き方につながるものだと。。。

 

今回初級コース・中級コースに通われる方はぜひ、上級コースを体験していただきたいと思います

秋の教室はまだ受付中です  ご興味のある方は → こちら をご覧ください  

 

お問い合わせは  011-614-0222 または 0120-829847(ワフク ハ ヨイナ)