ブログ

貴久樹 IN 東京

2日目  東京は晴天  ホテルは窓を開けなくては暑いくらい  さてきものを着て出発

 

まずは腹ごしらえ  タクシーに乗り場所をつげる 「駒形 どぜうにお願いします」 運転手さん「どじょうですね」 そうさらっと言いますが、観光客の大半は「どぜう」と発音するでしょう  ぼくも迷いました  「どじょう」でしょ 俺知ってるよ  と知ったかぶりして言って逆に「どぜう」だったら恥ずかしいので言ってみたんです  その文字通りに  そしたらこれです    

 

11:30 到着  もうすでに席の半分以上が埋まっている  この時間なのに  お店は情緒あるつくり こういうところは来るだけでも満足してしまいます  皆が柳川定食を注文   今だから言います 正直 どじょうでいいのかだいぶ迷いました  苦手なひともいる というか結構いる  だから予約のときに確認したんです

 

「どじょう」はくせがあると聞いたのですが初めてでも大丈夫でしょうか と すると、「見た目は少し気になる方もいますが美味しいですよ」  そのときは納得したのですが、ぼくもぼくで失礼なことを聞いたかも  それを生業としているひとに聞いたんですから  

 

そして出てきたのがまずは

4 (3)

田楽  たれがフルーティーで美味

 

そしてそして

4 (1)

きました  どじょう  一見 かつ丼みたいですが、ここにどじょうが開かれているのです 朝食を抜いてきたぼくは前のめりで食します  おひつにご飯もりもりできたのですが、すべてをきれいに平らげました  味は??? 触感がぬるぬるしている という感想  ただこれよりもどじょう味噌汁のほうがぬるぬる  コラーゲンだと思えば女性にはもってこいです  一度は食べてもらいたい かな

 

4 (2)

お店の前が撮影ポイント  きものが映える店構えです

そしてついに最大の目的である貴久樹へ

 

タクシーで場所をつげる あっという間に到着すると行列ができている  すごい! 貴久樹にもなるとこの業界でも行列ができるんだ と驚いていると  隣の蕎麦屋さんでした  そういえば鈴木さんが言ってたっけ 人気店が隣にあると  出汁が濃い蕎麦屋さんだそうで

 

5

 

冷静に見ると見つかりました  立て看板がおしゃれ  貴久樹らしいです

このビルのすべてが貴久樹なんて  ステキです  ワクワクしながら入場

つづく