ブログ

貴久樹のあとは

おまけ的に

東京での貴久樹展会場を出て 次に行ったのは 東京の新名所  スカイツリー

 

会場が雷門だったので近いのですが、タクシーに乗らなくてはいけない状況に  このあとは食事を予約していました  

 

スカイツリーで食事をするときはツリーの横にあるイーストタワーにあるレストランに行くのですが、そこで大切なのは眺望  イーストタワーにあるレストランは4方向にあり、ツリーが見えるところ と そうではないところがあります  当然のごとく見えるところは予約がたくさん  日が暮れてきたときにツリーはライトアップされ、それがまた良い雰囲気なのです  と東京観光雑誌で見ました

 

ぼくらが行く土曜日はどこも混んでおりましたが偶然にもツリー側にあるフレンチを見つけることができました  予約はとれましたがここでひとつ条件がついていました  19時までに退席しなければいけない ということ  日が暮れないとライトアップは見れないし、あまりに早いとお腹は減っていないし、貴久樹を見る時間も減るし  迷いましたが決心

 

そこで17:30に予約  これならちょうどよい  当日、貴久樹展会場にいながらときどき時間を確認してはおりました  まだ大丈夫あと1時間ある  まだ大丈夫 あと40分ある と

 

そして電話が鳴る 「彩蔵さまでしょうか 」   あれっ 予約の確認かな? と思ったら 「ご予約の17時を過ぎましたが 」 と

 

しまった 予約を17:30から17時に変更していたんだ とそのときに気付きました  土曜日の夜なんだしせっかくのスカイツリー ゆっくり食事をしたほうがよい 東京でも日が暮れるのは早いだろう と

 

それから大急ぎでタクシーに乗り スカイツリーに  到着は17:45 退席時間19:00 1:15しかない 東京で名店といわれるフレンチのコースを食べるのに

IMG_0423

急いで食べている様子  奥にはスカイツリーが

IMG_0427

少しずつライトアップされていきます  季節によって違うのだとか

IMG_0428

レストランでも気を使ってくれて早く出してくれる肉料理を提案くださいました  お肉はやっぱりサーロインが好きです

料理の味にはあまり集中できなかったのですが

IMG_0434

IMG_0435

このデザートがとっても美味しかった

そのレストランにいたどのお客様よりも優雅に見えるきものを着た我々は、誰よりも早く食べて退席しました  初日の晩とは真逆の大急ぎで・・  ぼくはツアコン失格です  皆さんごめんなさい

 

次にはスカイツリーに

IMG_0468

夜景をバックにしたり アトラクションのダンサーの方たちと写真を撮ったり

IMG_0446

下からだとこんなに見上げてしまいます  スカイツリーとともに皆で写りたかったのですが無理でした  残念・・

 

今回もいろいろあったツアーでしたが、密度のあるものでした 改めて貴久樹の良さを知り、さらにファンになりました  秋に札幌に来てもらうまでしばらくさよならです  

 

こんな面白いはなしを聞きました

貴久樹展に行かれたお客様のはなし  貴久樹会場でたくさん写真を撮られ、満喫したAさま  全ての行程を終えホテルに帰って貴久樹を思い出し夜遅くまで写真を見入っていたそうです  そうしたら肌に張りが出て、プルプルに潤っていたそうです

 

素敵なことに熱中すると女性は美しくなるという  きものは女性を魅力的にします  今後も楽しい企画を発信していきます お楽しみに♪  

 

18(月)は出張のためお休みにしております