ブログ

黄金の糸が函館に

函館に来ています  函館の着付け教室も半分まで進みあと1か月で終了  10月に始めたばかりなのに早いものです

 

教室では実技的なことが大半ですが、当着付け教室はコーディネートや格付けの知識もわかっていただきたいと思っております

 

きものが着れるようになりました → 大島に金銀の礼装の帯をしています

                → 夏に袷を着ています

                → 小紋に振袖の帯揚げをしています

という点でも知識をつけてもらえると、きものがさらに楽しんでもらえます

 

そのためには本やネットではなく、見て触って身に着けることが早道 そこで、メーカーさんに説明をしてもらうようにしています  

 

今回は函館に 「絞り」 「経錦の帯」 「黄金糸のきもの」 を持ってきて詳しく説明をしていただきました

 

KIMG0003

KIMG0005

 

 

 

今回特に素敵で興味深かったのはは黄金糸のきものでした

KIMG0009

 無地として着られる御召ちりめん  グリーンに地模様が入っていますが、緯糸が黄金糸のため柄が浮き上がっています

KIMG0007

 

濃い色に黄金糸を用いた場合は白っぽく柄が浮き上がっています 立体的に見えて豪華さがさらに増します  訪問着と同じくらいからカジュアルまでの格としてコーデできます  モデルのOさまには斜め上を見てもらいました 着慣れています

 

 黄金糸のきものは北海道初上陸  このような初ものを提案することも彩蔵 の役割として頑張りたいです