きものコラム「一期一依」

「加賀友禅とは」

「加賀友禅」は江戸元禄の頃に、宮崎友禅斎によって始められたと言われ、現在まで引き継がれてきた伝統的な技法です。江戸時代は武士階級や豪商の婦人たちの晴れ着で、庶民が着られるようなものではありませんでした。絵画調であることや自然や古典をモチーフとしていることが主な特徴で、配色は加賀五彩を基調とし、自然のままの風合いを活かすために虫食いや先ぼかしの技法などが用いられます。京友禅の華美さに比べると「加賀友禅」は武家風の落ち着きがあり、育んできた風土などが彩色や柄などに大きく影響しています。