きものQ&A

  1. 友人の結婚式には何を着て行けば・・

  2. 結婚式にはせっかくだから「きもの」という方も多くなります そこで気を付けたいのが何を着るか  未婚なら振り袖 既婚なら訪問着や附下 というのが一般的ではあります  ですが未婚でも30代なら? 訪問着、附下以外は? と疑問は残ります  振り袖については色や柄も考えたいものです  振り袖は一生に一度の晴れ舞台のため ということもあり、かなり派手目なことが多いので、ある程度の年齢なら未婚でも訪問着や附下がおすすめ  また、未婚既婚問わず、訪問着、附下のほかに色無地や江戸小紋、もしくは格式のある柄の入った小紋なども可能です  あとは招待する側の衣裳よりも豪華であってはいけないので、それも気を付けたいですね

  1. 紬で結婚式に行けますか?

  2. 最近、有名なお花の先生が大島紬で結婚式に出席された という話がありました  以前よりも格に関する決まりが厳密でなくなってきているのは間違いありません  ただ、同じ紬でも訪問着や柄が少なく無地に近いものだと少し上の格のところまで着ていけますが、小紋調のものだとカジュアル着になります   また、紬とはいえ多少、金銀糸の入った帯をコーディネートすることもありますので柄やコーディネート次第で出席することも可能かと   よろしければきものや帯を見せていただければと思います  どちらにしてもどんどん着ていくということは素晴らしいですね♪

  1. 振り袖は成人式以外に着る用途はありますか?

  2. 振り袖は未婚の第一礼装のきものですので、普段から着るものではありません  19歳の厄払い  大学の卒業式 お友達の結婚式 などに着る方が多いです  ですがそれ以降となるとあまりありません  色柄によっては袖をあげて訪問着として着られるものもあります  お嬢様やお孫様に残すためにきれいに保管しておきたいですね

  1. きものの上には何を着たらよいですか?

  2. きものにもコートや羽織(ジャケット感覚)があります  洋装のコートは袖の部分が違うために着られませんが、マフラーやショール・ストールなどは共有できます  コートにも数種類あり、気温や天候、時期によってかえていきます  さまざまなオシャレが楽しめます!